Z会小学生タブレットコースはサポート体制の整った教材だった!特徴や料金まとめ

Z会タブレットコース

小学生の通信教育「総合」「タブレット部門」で最優秀賞を受賞したZ会。(※イード・アワード2019より
Z会小学生コースには、3つのコースがあります。

  • Z会小学生コース(紙教材を使用)
  • Z会小学生タブレットコース
  • Z会中学受験コース

この記事では、タブレットコースについて紹介します。

Z会小学生タブレットコースは、自動で毎月の学習予定が決められる、1年間担任指導者の見守りがつく、3年生からは添削問題もある、サポート体制の整った教材でした。

Z会小学生タブレットコース。シンプルで良質な問題をタブレットで!

Z会タブレットコース
公式サイトより

Z会小学生タブレットコースは、専用タブレットではなくiPadを使用します。
学習には紙教材を使わず、タブレットのみを使用。

※漢字練習ブック(紙教材)は別にもらえます。

Z会 タブレット スケジュール
公式サイトより

スケジュールはタブレットが自動で設定します。後から変更もできます。

スケジュールを組んで時間管理するのは小学生には難しいものです。自動でスケジュールを組んでくれると保護者も管理が楽!

Z会 タブレット
公式サイトより

教材は動きや音で教えてくれるから、直感的に分かりやすく、理解しやすいです。
また画面がシンプルで見やすい!

各単元について理解したら、基本問題、確認問題と進みます。計算や漢字など、タッチペンで文字を書いて答える問題もあります。

Z会タブレットコースでは、お子様の理解度に合わせた問題が出題されます。だから難しすぎる、簡単すぎるという心配がなく、お子様にぴったりのレベルで学習を進められます。

タブレットコースに「レベル別コースがない」理由がここにありました!

3~6年生は、毎月末に確認テストに取り組みます。
担当の先生が丁寧に添削してくれるので、返事は読みごたえあり!注意すべき点・注目すべき点が細かく記されています。

デジタルと人、両方でサポートしてくれるのがZ会タブレットコースです。

Z会の問題は、量をこなすのではなく、じっくり読み解いて力をつける教材。他社通信教育に比べて難易度は高めです。

タブレットコースは、国語以外教科書準拠ですが、お子様のレベルに合わせて自動的に応用問題が出題されます。

iPadはZ会特別販売サイトでも購入可

Z会 ipad

写真はiPad 9.7 インチ。小学4年生(身長137cm)の手で持つと写真のようなサイズ感です。Z会推奨サイズの中で一番小さい画面サイズですが、取り組むのに十分な大きさで不便を感じたことはありません。

小学生タブレットコース3~6年生の受講環境は以下の通りです。(2019年11月22日時点)


iPad Air2 iPad Air(第3世代/発売年:2019年)
iPad(第5世代/発売年:2017年) iPad(第6世代/発売年:2018年) iPad(第7世代/発売年:2019年)
iPad Pro 12.9-inch(発売年:2015年) iPad Pro 12.9-inch(第2世代/発売年:2017年) iPad Pro 12.9-inch(第3世代/発売年:2018年)
iPad Pro 9.7-inch (発売年:2016年) iPad Pro 10.5-inch(発売年:2017年) iPad Pro 11-inch (発売年:2018年)
iPad mini4 iPad mini(第5世代/発売年:2019年)

Z会特別販売サイトから指定の手順で購入すると、次のようなメリットがあります。

  • 割引がある。
  • 「安心・安全」仕様に設定済みのものを購入できる。

設定がよく分からないという方は、Z会特別販売サイトで購入するのがおすすめ!

我が家では、Z会特別販売サイトからiPadを購入しました。
必要ないアプリはダウンロードできないよう、不適切なサイトにアクセスできないよう設定されていました。届いてすぐのiPadを安心してお子様に渡せます。
もちろんこれら設定は手元に届いてから解除、変更できます。

\公式サイトをチェック/

Z会小学生タブレットコースの特徴

Z会タブレットコース
対象学年小学1、3~6年
学習方法タブレット学習
教科1年は国・算・みらいたんけん学習・英・プログラミング。
3~6年は国・算・理・社・英・プログラミング・総合
月額料金2,992円(税込)~
入会金0円
専用タブレットなし。iPadを利用。
学習時間目安1回15~40分
おすすめポイント・3年生からは添削問題がある。
・シンプルな教材。
・厳選された教材。
・各教科セットで受講できる。
・算・理・社は教科書準拠。

1人1人に合わせた問題が出題されること、添削問題があることが魅力!

Z会小学生タブレットコースは、算・理・社は教科書準拠、国語はZ会オリジナルカリキュラムで進められます。

だから学校での学習の予習復習として、国語はオリジナルカリキュラムで読解力が育まれます。

教科はセット受講で、価格がお手頃な点もおすすめポイント!

Z会小学生タブレットコースは、イード・アワード2019「通信教育 タブレット部門」で最優秀賞を受賞しています。

学習スケジュールが自動で生成される

Z会 スケジュール

毎月の学習スケジュールは前月末に自動で生成されます。
習い事などに合わせて曜日ごとの予定も入れられますし、好きなように変更することもできます。

またZ会アプリの画面をひらくと、今日取り組むべき教材が表示されるので、スケジュール管理をする手間が省けます。

一人一人に最適な問題が出題される

Z会小学生コース(紙教材)にはスタンダードとハイレベルの2つのレベルがあります。タブレットコースにはレベル別コースはありませんが、お子様が良くできた場合には発展問題が、理解が不十分なら同レベルの問題が出題される仕組みになっています。

お子様のレベルに合わせて出題されるから「難しすぎる」「物足りない」という心配がありません

動きで教えてくれるから、理解しやすい

タブレット学習の利点は、動きで教えてくれること。Z会タブレットコースも、動きのある教材で、直感的に学べます。

添削問題がある(3年生~)

3年生からは、毎月提出するテストがあります。
提出したテストは、担当の指導者が丁寧に添削し返却されます。

提出・返却共にタブレット上で行えるので、郵便料金不要ですし、テストを無くす心配がありません。

添削問題を提出すると、「努力賞ポイント」がたまります。
努力賞ポイントは獲得ポイントに応じて、ペンや筆箱、顕微鏡、図書カード等と交換できます。

保護者用アプリで確認できる(3年生~)

Z会 保護者アプリ

Z会保護者用アプリがあり、お子様とのメッセージ交換ができたり、学習に取り組みはじめた時間がわかったり、月の学習スケジュールを確認できたり。
離れていてもお子の取り組み状況が分かります。

※保護者アプリはiPhoneかAndroid搭載スマートフォンで利用できます。

\公式サイトをチェック/

Z会小学生タブレットコースに感じたデメリット

2年生は受講できない

Z会小学生タブレットコースは、小学1、3~6年生で使えます。
なぜか2年生は受講できないので、準備中なのかな・・・?(2020年6月現在)

保護者アプリは、大まかにしか状況を把握できない

保護者アプリは、スケジュールの教材をやり終えたか、終えてないか、今日学習に取り組んだか、取り組んでいないかという大まかな部分でしか把握できません。

細かくどの問題で間違えやすいのか、までは分からないので、お子様のタブレット上で返却された「確認テスト」はチャックし、復習を促す必要があります。

Z会タブレットコースをおすすめする方

共働きなどで忙しく、お子様の学習をサポートする時間が取りにくい方

  • 自動スケジュール機能がある
  • 保護者アプリで完了したか確認できる
  • 確認テストで各単元の理解度がわかる

お子様一人でも学習できますし、離れていてもアプリで学習状況が分かるので、忙しい保護者の方におすすめです。

学校の予習復習、また学校の学習を超えた問題にもチャレンジしたいお子様

算・理・社は教科書準拠であることから、学校の勉強の予習復習ができます。

また理解度に合わせて自動で発展的な問題も出されるので、学校での学習レベルを超えた問題にも取り組めます。

教材やおまけを増やしたくない方

Z会小学生タブレットコースで使用するのは、ほぼタブレットのみ。漢字ドリルなど一部のみ紙教材です。

シンプルな教材でおまけはないので、物が増えすぎる心配はありません。(努力賞ポイントを貯めることでもらえるプレゼントはあります。)

Z会公式サイトで、タブレット学習を体験できるので、ぜひ取り組んでみてください。

\公式サイトをチェック/

スポンサーサイト

※記事の内容は2020年6月時点のものです。価格や内容の一部は変更されている場合があるので、必ず公式サイトでご確認ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました